「日本の憑きもの」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

日本の憑きもの―社会人類学的考察 (中公新書)

日本の憑きもの―社会人類学的考察 (中公新書)

三津田信三「厭魅の如き憑くもの」に挙げられている参考文献の一つ。

決して整理されている記述とは言えないが、海外の妖術も含めて多くの事例が挙げられているので、興味深く読み進めることができる。

憑きもの筋の形成は江戸中期と考えられていて、貨幣経済の発展(つまり貧富の格差)と共にあったという。嫉妬や羨みが要因の一つ。陰陽師の時代からあると勝手に思い込んでいたので、時代の新しさに驚いた。

差別の問題もはらみ、嫉妬や羨みが表出しやすい現代のネット社会も考えると、色々と思うところのある一冊だった。

「パズルゲーム☆はいすくーる 2」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

パズルゲーム☆はいすくーる (第2巻) (白泉社文庫)

パズルゲーム☆はいすくーる (第2巻) (白泉社文庫)

巻末解説は津原泰水さん。

第1巻でキャラクターや設定・作風に慣れたせいか、この第2巻は楽しく読めました。

「紅いプールの秘密」(黄色い部屋の秘密のもじり?)と「光線のメロディ」が、本格ミステリとして良作。

特に「紅い~」は、魅力的な冒頭の謎の提示から合理的な解決まで鮮やか。

このクオリティが続くなら、どんどんと読んでいきたい。なんでもありのフリーダムな学校や登場人物の言動には戸惑いますが(笑)

「肩胛骨は翼のなごり」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

肩胛骨は翼のなごり (創元推理文庫)

肩胛骨は翼のなごり (創元推理文庫)

帯で宮崎駿氏推薦、カーネギー賞受賞の児童書。まずは、邦題が素晴らしい(原題「Skellig」)。

普通の少年、博学で変わり者の少女、ボーイミーツガール、秘密の共有、秘密の場所。青春(思春期)物の王道に、死を漂わせながら生を描いています。

淡々とした筆致と描写が、奇妙で不可思議な物語に(作中での)リアリティを与えていて、素晴らしいファンタジー(幻想小説)になっています。傑作。

【金原瑞人 ふしぎ文学マスターが薦める100冊 https://goo.gl/6TMs7H 】読了34作目

「愚者のエンドロール」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

愚者のエンドロール (角川文庫)

愚者のエンドロール (角川文庫)

古典部第二作を再読。初読時はラノベの認識で読みました。今回は、あとがきで言及されている「毒入りチョコレート事件」も
既読ですし、ミステリーに対する意識を強く持って読んだ分、さらに楽しめました。ミステリー読みなら分かる小ネタがあるのも嬉しい。

各推理のプロセス、そして、推理の結果から浮かび上がってくる人間模様。読み終わった後に、それぞれの人間関係や心情に思いをめぐらすと、ほんのりと苦さが染み出てきます。

ちょっと悪意のあるような苦さがクセになってしまうんですよねえ。嫌味はあれど、好きな苦さです。

「”文学少女”と飢え渇く幽霊」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)

事前に「嵐が丘」を読んでおいて良かった。読んでいなかったら、このドロドロ展開についていけなかったかも(愛憎劇な小説はあまり読まないので)。ある程度、筋が読めてしまうという弊害もあるけれど、作者のアレンジや工夫が分かる楽しみもあります。

ミステリータッチになっていて、各登場人物の事件への絡み方が読みどころ。

遠子先輩が作中で言及する作品は読みたくなります。読んだ本が出てくると嬉しくなったり。また読みたい本が増えてしまう……

「厭魅の如き憑くもの」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)

厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)

刀城言耶シリーズ第一作。ホラー要素もミステリ要素もてんこ盛りでボリューム満点。

少し読むのに時間がかかったけれども、ホラーの世界観(民俗学的な部分)がよく作り込まれていて、それだけでも面白い。

そして、ホラー寄りなのかなと思ったらミステリ的な趣向も凝っているという、その意外性にも満足な一品でした。最後の解決シーンの過剰とも言えるようなミステリ要素が、実に楽しい。

すでに「山魔の如き嗤うもの」は読んでいますが、このシリーズはこれから順番に読んでいきたいですね。

【本格ミステリ・ディケイド 300】読了11作目 2006年作

「ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集 2 黒の恐怖」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集 2: 黒の恐怖

ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集 2: 黒の恐怖

  • 作者: エドガー・アランポー,Edgar Allan Poe,David Garcia For´es,金原瑞人
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2014/09/29
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

「ひょこ蛙」は童話・寓話的な分かりやすいストーリーで、グイグイと読ませる復讐譚。イラストもあるせいか、エンタメとして秀逸な作と感じました。

詩「鴉(The Raven)」は、怖くもあり、美しくもあり、哀しくもあり。

「黒猫」は再読。不条理と主人公の理屈がないまぜになって、何とも言えない恐怖感。

3編とも好みで大満足。古典ホラーが平易な訳で読めるのは本当にありがたい。