読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「NHKラジオ エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 2015年10月号」修了

英語

ビジネス英語が不要な自分にとってはぴったりの教材なので、バックナンバーを購入しています。

「速読英単語 中学版」修了

英語

中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語

中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語

別売りCDも併せて使用。数年前に教材だけ集めて全く勉強しなかった時のものです。

単語そのものは「くもんの英単語1500 (スーパーステップ)」とほぼ同じなので、単語集としてはどちらか片方で良かったかも。

こちらは文章で覚えるタイプで、後々、シャドーイング学習するのには使えそう。

ただ、取り上げられている文章が「教育的」なんですよね。高校入試を念頭に置いてあるので仕方ないんですが。TOEIC教材の文章もつまらなそうだし、洋書の多読でなんとかするしかなさそうです。

次は「速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.2」。これも昔買って全く勉強しなかった教材です。

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3

「NHKラジオ エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 2016年07月号」修了

英語

私の英語学習の目標は「ヤングアダルト向け程度の洋書(小説)を読めるようになること」なので、当然多読をしていくことになります。

ただ、自分の英語の実力にあった多読教材を探すのは結構大変。GRなどの語彙制限本を購入すれば楽ですが、お金がかかります。数分で読み終える本に500円なんて……

そうしたら、多読向けに丁度いいNHKラジオ講座がありました!

NHKのレベル表によれば、基礎英語1と2の間あたり。日本の中学1~2年生レベルの難易度で、今の私にはぴったりです。

ラジオ音声を聴きながらだと、返り読み防止になって、英語の語順のままにストーリーを追うことになるのも良いところ。

曜日ごとにテーマがあって、自分の好きなのは「落語(水曜日)」と「世界の昔話・童話(木曜日)」ですね。洋書で小説を読みたい自分にはぴったり。

ちなみに、ラジオはネットで聴いています(ツールで録音)。テキストは電子書籍で。電子書籍だと、ポイント還元や割引セール・クーポンなどを上手く使えば、半値相当で買えることもあります。

NHKの語学講座はいいですね。将来は上級講座も聴けるようなレベルに達したい!

あと、地元の図書館にも「I Can Read Book」「ラダー」シリーズがあるようなので活用していきたいと思います。

Kindleで無料の洋書もたくさんありますし、うまく活用していきたい。

「大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編」修了

英語

大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】―大学受験英語 (東進ブックス 名人の授業)

大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】―大学受験英語 (東進ブックス 名人の授業)

長文読解ですが、入門書ということもあって特につまずくところもなく修了。

これで、英文法の「入門書」は終わり。

次は「Forest」ですかねー。

総合英語Forest 6th edition

総合英語Forest 6th edition

最新版でないのは、数年前に本だけ買って勉強しなかったためです。

あと、英文法の問題集をやるべきかどうか迷っています。TOEICを受けるわけでもないし、問題を解く意味があるのかなあ、と。英文法の参考書と多読でいいのか、それとも問題集やった方が効果があるのか。

まあ、私の英語学習は趣味・娯楽なので、試しに問題集をやってみるのもいいかもしれません。

「狼と香辛料(7)」感想

読書

狼と香辛料〈7〉Side Colors (電撃文庫)

狼と香辛料〈7〉Side Colors (電撃文庫)

再読。

短編集。ノーラは好きなキャラなので、出てきてくれて嬉しい。

あと、やっぱり商売の駆け引きがあったほうが面白いですね。

「くもんの中学英単語1500」修了

英語

くもんの英単語1500 (スーパーステップ)

くもんの英単語1500 (スーパーステップ)

カタカナ英語として日本語に定着している単語が多く、知らない単語はほとんどなし。

日本人の英語語彙力って結構あるんじゃないの?って思ってしまった。

次の英単語本は「速読英単語 中学版」。

中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語

中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語

「英文読解入門 基本はここだ! 改訂版」修了

英語

英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版

英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版

中学+高校初級レベルの英文法を一通り終えたので、入門書として定評のある英文読解本に着手。

単語が平易なのでスラスラと読み進めることができました。英文を丁寧に読み込む作業なんて久方ぶりで、こういった書籍があるのはありがたい。

ただ、使える知識としての定着は一度読んだだけでは難しいと思うので、しばらくしたら読み直しておきたいですね。

次は「大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編」へ。英文法の入門書はこれで終わりかな。

大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】―大学受験英語 (東進ブックス 名人の授業)

大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】―大学受験英語 (東進ブックス 名人の授業)