「斜め屋敷の犯罪」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)

約20年ぶりの再読。『斜め屋敷の犯罪』というタイトルと冒頭の見取り図で、もう心が踊ります。

前作『占星術殺人事件』に次いで、忘れられないトリック。犯人や大体の仕掛けも覚えていたけど、それでも十分に面白い。

著者の熱量・パワーを感じます。細かいことは気にしない! 登場人物の造形や会話は35年前の作というか、著者らしいというか(笑)。

巻末・綾辻行人さんの解説も、新本格誕生の契機がうかがえて面白いです。やっぱり本格ミステリが大好きだあ!と思える一冊でした。

【御手洗潔シリーズ】1982年作の改訂版