読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「孤島パズル」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

学生アリスシリーズの2作目。著者の長編を読むのも、前作「月光ゲーム」に続いて2冊目です。

なんとなく作風がつかめてきました。ちょっと抒情的なところが好いですね。

前作よりもキャラクターが描き分けられていて、より面白かった。マリアのおかげかな。

タイトル通り、パズルがきれいに解けていくのがお見事。と同時に、江神の心情は絡まっていく対照さが抒情的なんですね。

解説で次作の一部趣向(江神が真実を解くことになるきっかけ)のネタバレをくらってしまったので、次作「双頭の悪魔」はしばらく間を開けて読むことにします……推理の過程で出てくるだろうから、あまり気にしなくても良いと思うのだけれども。次作エピソードからの引用は、直前にその旨を記してあったので読み飛ばせたのですが。