読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「そして誰もいなくなった」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

約20年ぶりの再読。

プロット・設定・ストーリー・キャラクター、どれもが魅力的で面白い。

乾いた筆致で、連続殺人だけれども陰鬱にならずにテンポが良く、サスペンス味にあふれます。

(でも、陰鬱なホラー・ミステリーも大好きです。作品それぞれで楽しめます。)

ミステリー用語にもなっている「燻製のニシン(レッド・ヘリング)」も出てきますし、現代のミステリーを知った上で読む古典も面白いですね。

【きっかけ:喜国雅彦・国樹由香「本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド」】