読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「赤い館の秘密」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

赤い館の秘密 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10 (8) 集英社文庫

赤い館の秘密 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10 (8) 集英社文庫

「クマのプーさん」の作者による唯一の長編ミステリー。江戸川乱歩が黄金時代(1920~30年代)ベスト10に選出。

――と、それだけで魅力的な作品。巻末の赤川次郎さんだけでなく、読者レビューを見ても、トリックも犯人も見破れたという記述が多いのですが、私は全く気付かず……。読者としては幸せなのだと前向きに捉えることにします(笑)

犯人の真相を知ったときに「あー、これ、乱歩推薦だったー」と思ったのでした。乱歩作でもよくあった趣向だと思います。

作全体に洒落っ気があるのも乱歩好みでしょうか。探偵とワトスン役の会話が面白いし、二人が積極的に捜査していくサスペンス感もあります。

およそ100年前の作で、本格ミステリーの骨格が見えるのも楽しいですね。現代から見るとさすがに陳腐なところもありますが、古典への興味が上回って、私には楽しめる一作でした。

【きっかけ:喜国雅彦・国樹由香「本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド」】