読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「アクロイド殺し」感想

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

初ポアロ。ネタバレせずに読めたのは幸いか。

是か非かと言えば、私は是としたいですね。

このトリックを使うにあたって、解説にあるように、結末の前で読者へのヒントを与えています(――そのおかげで、私は犯人を「直感的に」気づきました)。そして、最終章で明かされているように前半の記述にも配慮がされている。作者のそのような態度を前にすれば、やはり是としたい。

ミステリーの幅を広げて、日本のいわゆる新本格派以降の作なども考えると、このような傑作が存在していたことは歴史的価値も大きいと思います。

トリックを抜きにしてもサスペンスとして十分に面白いですしね。

【きっかけ:喜国雅彦・国樹由香「本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド」】