読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「3月のライオン 5」感想

読書 羽海野チカ

★読書メーター → https://elk.bookmeter.com/users/667041

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)

感想を書いている今日、最終回を迎えるアニメにストーリーが追いつきました。

ひなたをめぐる最後の3話は、作者の描くマンガ(画)の力を強く感じました。感情が紙面(電子で読んだけど)いっぱいに乗せられていて、ぐっと来ます。

零がひなに「君はぼくの恩人だ」というセリフ。ここが好きです。好き、というかこのセリフがあったからこそ、私はこの作品を素直に受け入れることができる。

フィクションにおいて、男性の主人公が下の立場にある(年下とか幼女とか病弱とかの)女性に救われるという一方的な構図は、私がもっとも嫌いなものの一つです。

でも、この巻で「そうではないんだ」とハッキリ描いてくれたから、私はこの作者を信頼できます。本当に好きな作品だと、堂々と宣言できます。

【きっかけ:シリーズ読破中。観る将棋ファン】