読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「最後の記憶」感想

最後の記憶 (角川文庫)

最後の記憶 (角川文庫)

私は幻想小説も好むので、こんな物語も好きですね。

「記憶」がテーマになっているので「囁きシリーズ」の系列といった感じ。

ただ、綾辻さんには(新)本格ミステリを求められているから、どうしても読者の期待とずれてしまう。人気作家の宿命でしょうか。

私は「こっち」方面の綾辻さん、大好きですよ。

文庫版あとがきで「『最後の記憶』はあの時期の自分がどうしても書かねばならなかった小説だった」と語っています。単行本刊行時は鳴風荘以来7年ぶりの長編。「暗黒館の殺人」の連載と並行しての執筆で、いま綾辻作を刊行順に読み進めていると、作者の苦しみが伝わってきます。一人称で書かれていますし。

この文庫版では、参考文献が一冊追加されています(新書版からかもしれません)。作中の病名の元ネタなどについても含めて巻末解説で触れられていて参考になりました。まったく気がつかなかったので。

次は「緋色の囁き(綾辻行人×児嶋都)」を読みます。