読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「綾辻行人が選ぶ!楳図かずお怪奇幻想館」感想

読書 綾辻行人

綾辻行人が選ぶ!楳図かずお怪奇幻想館 (ちくま文庫)

綾辻行人が選ぶ!楳図かずお怪奇幻想館 (ちくま文庫)

各所で楳図ファンを公言している綾辻行人さんが選んだアンソロジー。

楳図かずおの作品は、昔、「漂流教室」や「楳図かずお恐怖文庫(朝日ソノラマ)」のアンソロジー、小学館文庫版で「洗礼」や「おろち」などを読んだ記憶があります。

いま久々に楳図マンガに触れてみて、その凄さに改めて圧倒されてしまいました。

どれもが短編なのにストーリーが濃厚で、ミステリ的と言って良いような「はっ」とする瞬間があります。ミステリ作家の綾辻行人が選んだ作品集ということもあるかもしれませんが。

本書には「小説」も収められていて、それもストーリーが秀逸なんです。幻想小説的な味わいのあるホラー小説です。

絵に圧倒され、ストーリー運びにも圧倒され、怖いのに読むのがとまらない。やっぱり巨匠は凄かった。

綾辻作品を刊行順に読んでいるので、次は「眼球綺譚─Yui─(綾辻行人×児嶋都)」を読みます。