読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「狼と香辛料〈10〉」感想

狼と香辛料〈10〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈10〉 (電撃文庫)

ここからは未読。

事件が起きるまで時間がかかるけれども、後半に入ってからはスリリングな展開。

ホロの故郷についての情報を知りたいという目的と、商人として動かなければいけない制約とが、ハラハラさせるんですね。

いよいよ二人の旅がゴールに向かって動き出す感じです。