「たのしいムーミン一家(ムーミン童話全集 2)」感想

たのしいムーミン一家 (ムーミン童話全集 2)

たのしいムーミン一家 (ムーミン童話全集 2)

日本でムーミンが読まれるきっかけとなったのが、この「たのしいムーミン一家」だそうです(http://moomin.co.jp/books/13567)。

登場するキャラが、みんなそれぞれ個性的で(ワガママとも言う)クセがあって、楽しいですね。

原作はアニメとは違って雰囲気が違うとは良く言われていたので、どうかなと思っていたのですが、読んでいくうちにどんどんと面白くなっていきました。

モランという、少し悲しげな悪役(とされている)キャラクターが出てくるのですが、ムーミンパパがライフルを持って応対しているイラスト(原作ヤンソンの絵・207p)に、思わずちょっと笑ってしまいました。どうしても、ムーミン谷=平和・ほのぼのというイメージがあって。

ちなみに、アニメ「楽しいムーミン一家」で私の好きなキャラのミィ、まだ出てきませんでした。いつ出てくるんだー!