読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「殺人方程式〈切断された死体の問題〉」感想

読書 綾辻行人

殺人方程式 〈切断された死体の問題〉

殺人方程式 〈切断された死体の問題〉

20年ぶりぐらいの再読。

読んだ小説の内容をすぐに忘れていく自分には珍しく、トリックも犯人も覚えていました。それだけ初読時のインパクトが強かったのだと思います。

私は、綾辻行人の幻想的な作風が好きなので、ほぼ100%トリック勝負の本作は守備範囲外なはず。それでもグイグイと読み進めていけたのは、やっぱり作家との相性の良さなのかも。