読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人形館の殺人<新装改訂版>」感想

人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

20年ぶりぐらいの再読。例によって内容は覚えていないのですが。

シリーズ異色作で、後に残る感じは「緋色の囁き」に通ずるものがあるかもしれません。

事件の真相については禁じ手と感じつつも、作中の論理は通っているというか、文章構成は本格ミステリとして練られているので妙な読後感が残ります。

私はミステリのロジックよりも幻想的な雰囲気を好む傾向にあるので、本作を受け入れられるのですが、賛否両論あるのも理解できます。

館シリーズの一冊目として人にオススメはできません。けれども、綾辻ファンなら、作者あとがきも合わせて是非読んでおいて欲しい作品だと思います。