読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「新アラビア夜話」感想

新アラビア夜話 (光文社古典新訳文庫)

新アラビア夜話 (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: ロバート・ルイススティーヴンスン,Robert Louis Stevenson,南條竹則,坂本あおい
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/09/06
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (33件) を見る
以前に読んで面白かった「The Bottle Imp」(小瓶の悪魔)の作者・スティーブンソンによる作。

タイトルからアラビアンナイト的な話かと勝手に想像していたら、舞台はイギリス・ロンドンでした。「アラビアンナイト」の物語形式に倣ったということらしい。

あー、19世紀末のロンドンの描写いいよなーって、当たり前だよ! そう、シャーロック・ホームズと同時期じゃないですか!

ホームズは小学生の時に何度もリピートして読んでたんですよ。偕成社の全集で。

ちなみに本書の第一編のタイトルは「自殺クラブ (The Suicide Club)」。ホームズの「赤毛組合」みたいに魅力的なタイトルですよね。

クリームタルトを手にタダで配っている青年。断ると青年自身が口にしないといけないらしい。その青年から「自殺クラブ」という自殺願望者が集まる会の存在を知る。そこでは、なにやら怪しげなゲームが行われていて……

「古典新訳文庫」の名から難解で堅いイメージを持ってしまうかもしれません。でも、本作は普通に連作短編サスペンスとして面白い。

ところで、「新アラビア夜話」には第二巻があるものの、第一巻との関連性がなく今回の訳出からは省略されたようで、これは今までの訳書でも同様なようです。

が、その第二巻収録作の「臨海楼綺譚」についてこんな記述が……
新アラビア夜話 - Wikipedia

1890年、アーサー・コナン・ドイルは「臨海楼綺譚」を「スティーヴンソンの才能の最高到達点」であり「世界一の短編小説」だと位置付けている。

うわー「臨海楼綺譚」読みたくなってきたー。でも、第二巻の全訳の角川文庫版は1952年の出版。「臨海楼綺譚」のみの対訳もプレミアついてて手を出しにくい。

まあ、いつか読めたらいいな、と気長に機会をうかがうことにしよう。*1

*1:国会図書館でデジタルデータ化(臨海楼綺譚 (新月社): 1949|書誌詳細|国立国会図書館サーチ)されているので、地元の図書館に足を運べば閲覧はできるようだ。