読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集」感想

秘書綺譚―ブラックウッド幻想怪奇傑作集 (光文社古典新訳文庫)

秘書綺譚―ブラックウッド幻想怪奇傑作集 (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: アルジャーノンブラックウッド,Algernon Henry Blackwood,南條竹則
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/01/12
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 30回
  • この商品を含むブログ (21件) を見る

  • 「空家」
  • 「壁に耳あり」
  • 「スミス――下宿屋の出来事」
  • 「約束」
  • 「秘書綺譚」
  • 「窃盗の意図をもって」
  • 「炎の舌」
  • 「小鬼のコレクション」
  • 「野火」
  • 「スミスの滅亡」
  • 「転移」

先に読んだウェイクフィールドの濃厚さと比べると、あっさりとした印象でした。初期に発表された作品が多いようです。

「小鬼のコレクション」「スミスの滅亡」は既読。

ホラーというよりは、タイトルにあるとおり幻想怪奇譚。奇妙な感覚に襲われたり、不思議な現象が起きる話です。

「秘書綺譚」はサスペンス感があって、スリリングな作。

「転移」が良かったかなあ。吸血鬼と千里眼がモチーフになっているようですが、やはり子供が絡むとぐっと怖くなります。

光文社古典新訳文庫を初めて手に取ってみて、レイアウトが自分の眼に合ったようで読みやすかったですね。著者年譜付の解説もありますし、収められた作品の初出情報もきちんと載っています。