読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「狼と香辛料(4)」感想

狼と香辛料 (4) (電撃文庫)

狼と香辛料 (4) (電撃文庫)

再読。

これまでの3巻とはちがって、経済的要素はちょっと薄め。ホロの特殊能力?に頼っているところもあり、ハラハラ度も低い。

アニメ版で4巻のエピソードがカットされているのは、「動き」が少ないからなのかもしれません。

でも、ヨイツの幻想譚などが語り始められて、幻想小説好きには嬉しい要素も。村の閉鎖性だとか、ちょっと湿っぽい雰囲気は好きですね。