読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「よつばと! 13」感想

よつばと! (13) (電撃コミックス)

よつばと! (13) (電撃コミックス)

この巻を読んで、私がよつばではなく、よつばの周囲の人々を見ていたんだということが分かりました。

よく「育児」と関連づけて語られることもありますが、そういった風潮にピンと来なかった自分自身の認識が、ようやく自分で理解できました。

「よつばと!」は短期間に何回も読み返すぐらい好きな作品だけど、この巻に限っては少し物足りなく感じてしまったんですよね。もちろん素晴らしい作品に違いはありません。「ばーちゃん」が帰るシーンには、胸を打たれましたし。

この巻は「ばーちゃん」が登場することによって、よつば自身がより多く描かれています。でも、私がよつばに関心がないから、どうもしっくり来なかった。

そうなんだよ。私みたいな人間が、こんなキレイな世界を素直に受け付けるわけがないんだよ……