読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「山魔の如き嗤うもの」感想

山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)

山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)

このミステリーがすごい!2009年版の8位(このミスを1年ずつ遡って読んでいます)。

民俗学、ホラー、密室、消失、連続殺人事件……と揃えば、私好みに間違いありません。

冒頭の手記だけでも、短編ホラーとして秀逸。

ただこの手のミステリーの宿命というか、解決されてしまうと呆気なく感じてしまうもの。これは仕方のないことですねえ。むしろ解決しないでくれーと思ってしまったり。

あと、優れたミステリ作家であるほど過不足ない文章を書かれると思うので、なんでこんなエピソードがあるんだろうと思うと、あーこれは伏線だなーと気づいて犯人が分かってしまったり。

それでも、やっぱりこの手のミステリー・ホラーは好きですね。本書もページを捲る手が止まりませんでした。

あと、表紙が素晴らしいです! Amazonをチェックしてたら、オススメ書籍だかに著者作品の表紙がずらっとならんで壮観だったんですけれども、その中でも一番お気に入りの絵ですね。

なんか京極夏彦もまた読みたくなってきてしまったなあ。