読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「叫びと祈り」感想

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)

このミステリーがすごい!2011年版の3位(このミスを1年ずつ遡って読んでいます)。

短編連作集。新人賞受賞作の「砂漠を走る船の道」が素晴らしかった。叙情的な文章とミステリがうまくマッチしていた。幻想的な雰囲気もあるんで、自分好みの作品。

続く「白い巨人」も良かったが、後半の作に行くに連れて叙情的・内向的な文体が却ってくどく感じられて読みにくくもあった。ただ、このミス3位ということを考えると、自分の読書力が足りていないだけのかもしれない。