読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

快作!「アリス殺し」感想

アリス殺し (創元クライム・クラブ)

アリス殺し (創元クライム・クラブ)

このミステリーがすごい!2014年版の4位(このミスを1年ずつ遡って読んでいます)。

本書の最初のページを開いたときに、これはアリスを先に知っておいたほうがいいなと思って、先日のブログに書いたように「新訳 ふしぎの国のアリス (角川つばさ文庫)」を読んだのでした。

結果、大正解。アリス世界とこちらの世界の殺人がリンクするというファンタジー(幻想)な世界観での話をスムーズに受け入れることが出来ました。

アリス世界での会話のやりとりは、事前にアリスを読んでいるとニヤニヤできます。それに、いかにアリスの原作を巧みに取り入れているかも分かって、その筆力に驚かされます。童謡や童話をモチーフとした見立て殺人ものは数多くあると思うのですが、本作は童話世界そのものが作品に組み込まれていますからね。ひとつのパスティーシュ(オマージュ)ものとしても面白く読めると思います。

ただ「鏡の国のアリス」も読んでおくべきだったかもしれません。大昔に一度は読んでいたと思うんですが、ハンプティ・ダンプティしか覚えてなかった。原典のマザー・グースを確か講談社文庫で読んだことはあるはずなので、そっちで覚えてたのかも。知らないキャラクターの情報は、Wikipediaを参照するなどして補填しながら本書を読み進めることに。

もうね、作者の描き出すファンタスティックな世界に見事にはまりました。読書の悦び。アリスの不条理世界をダークな方向で楽しめる人なら、本書も楽しめるのではないかと。

ネットでの読者レビューで多く言及されているグロさエグさは、私はあまり感じませんでした。あ、最後はちょっとエグいかな。

一つ気になったこと。それは、帯の「どれだけ注意深く読んでも、この真相は見抜けない」という惹句。この手のフレーズ、苦手なんです。余計な先入観を持ってしまうので。

近いうちに「かがみの国のアリス」も読んでおこうと思います。そう、角川つばさ文庫版で!

新訳 かがみの国のアリス (角川つばさ文庫)

新訳 かがみの国のアリス (角川つばさ文庫)

  • 作者: ルイス・キャロル,okama,河合祥一郎
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/08/20
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 2人 クリック: 29回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る